読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリのリリースとテストについて

アプリケーションをリリースした後に
一般的には何度かバージョンアップが行われます。

バージョンアップでは、
機能の改善であるとか、
新しい機能の追加、
といった利便性の向上が目的である場合と、

バグの修正
という不具合修正が目的である場合、

そして
セキュリティー対策
という安全性向上が目的である場合があります。

大抵はこれらが合わさって
バージョンアップが行われます。

もっとも、致命的なセキュリティー脆弱性
見つかった場合は緊急パッチという形で
バージョンアップが行われることがあります。

法人向けのソフトであれば
法人にワークアラウンドの提示と注意喚起して
乗り切ることがありますが、
コンシューマ向けのソフトの場合は、
購入者にそこまで対応させるのがむずかいいとのことで
緊急パッチという流れになることが多いと思います。

とはいえ、以前IEで不具合が出た時には、
緊急パッチではなく、IEを使わないでという
ワークアラウンドでしのぎましたが。

要は臨機応変にということですね。